Dynabook T451/34DB の分解作業

固いコネクタ…

ケーブルのコネクタが固くて簡単に外れない場合があるのですが、無理やり取ろうとすると基板の半田付け部分を傷める可能性があるので、私はマイナスドライバーなどを利用しています。その際は弱めの力で少しずつを心掛けています。電源ケーブルのシステムボード上のコネクタは一般的に特に固いので、私はなるべく外さないようにして作業しています。


スポンサーリンク

分解手順のスライドショー動画

分解手順の解説

ここからは画像での簡単な説明になります。各画像はリンク先で拡大表示が可能です。

スイッチをスライドさせてバッテリーを外します。矢印のネジを緩めてカバーを外します。

メモリーは左右の金属のアームを少し広げて、跳ね上げさせてから斜め上に引き抜きます。ハードディスクのマウンターを固定しているネジを外します。

ハードディスクを外します。ビニールの持ち手を持って水平に引っ張ります。

無線LANカードのアンテナ端子を外してからネジを外します。

無線LANカードが跳ね上がるので斜め上に引き抜きます。

光学ドライブを固定しているネジを外します。

ネジを外した場所の金具をマイナスドライバーなどで押して、光学ドライブを押し出します。画像のようにテコのように使うと簡単です。

矢印の場所のネジを外します。これでキーボードの上の細い部品が外れるようになります。

矢印の場所にある細い部品を外します。基本的には引っ張り上げるだけです。

金属製のへらなどを画像の位置に挿し込んで、その場所を浮かせます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする