Latitude E5510 の分解作業

続き

次に本体裏側からヒンジを固定しているネジを外します。

ネジの場所は左右1カ所ずつです。


スポンサーリンク

ヒンジに負荷が掛からないように本体を横にして作業しています。

キーボードベゼルを外す用意をします。矢印のネジを全て外します。

ネジ3本とコネクタ3ヵ所を外します。Aのコネクタは楔の部分を引っ張り出すと、押さえが緩んでケーブルを引き抜けます。Bのコネクタは水平に引き抜きます。

本体外周の溝にヘラなどを挿し込んで、キーボードベゼルを外していきます。ピックのような形のオープニングツールが役に立ちました。内部の爪はやや固めですが、外し難くはありませんでした。

システムボードを外します。矢印のネジ2本を外します。

赤丸の場所は下の小さな基板とコネクタで直接繋がっています。

下側の基板のコネクタの画像です。

システムボードを指で引っ張り上げて、コネクタを外しています。

システムボードをこのまま外せるかと思ったら、矢印の部分が引っ掛かってなかなか外れません。大きな角度で持ち上げて少し強引に外してしまいました。

赤丸の部分の金属プレートが変形していたので、ここが引っ掛かっていたようです。指で押して簡単に直せるので、特に問題は無さそうです。

システムボードが外れました。

これで今回の分解作業は終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする