Latitude E5510 の分解作業

続き


スポンサーリンク

CMOS電池のコネクタを外します。

CMOS電池自体も外しておきました。

矢印のネジを回してCPUを外します。

左に180°回せばロックが解除されて、CPUを引き抜くことが出来ます。

ヒンジカバーを外します。ヒンジカバー右横の溝の部分にマイナスドライバーなどを挿し込んで、てこの様に動かして持ち上げます。

浮いた所を手で持って、さらに上に持ち上げると右側のヒンジカバーが外れます。

左に向かって徐々に外していきます。

キーボードを固定しているネジを2本外します。

両脇に引っ掛かりがあるので、キーボードの上部中央を持ち上げながら横からも少し押して、キーボードを少しだけ弓なりにさせて外します。

キーボードの下部は画像のように深めに刺さっています。キーボードをディスプレイ方向になるべく水平に引っ張って引き抜きます。

ディスプレイ部分を外す用意をします。接続されているケーブルを2本外します。Aは水平に引き抜くだけです。赤丸のコネクタは上から透明なフィルムが貼られていますが、フレキシブルケーブルを傷めないように、基板との接着面だけ剥がしました。ケーブルは配線経路のガイドから外しておきます。

左右の液晶ヒンジの固定ネジを外します。

ヒンジに負荷が掛からないように、ディスプレイ部分をしっかり支えてネジを緩めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする