HP ProBook 6570bの分解作業


スポンサーリンク

続き

浮いたキーボードの隙間に指先を入れて、内部の爪を慎重に外していきます。

ケーブル類を引っ張らないように気を付けて、キーボードを裏返します。

ケーブル類を外します。

キーボードの下のねじを2本外しておきます。

本体裏側のねじを外します。T印はトルクスねじで、○印はゴムで隠されているトルクスねじです。(ゴム足ではなくて丸いゴムの下にあります。)

本体の後ろのトルクスねじを外します。

内部電池のケーブルとスピーカーケーブルのコネクタを外して、アンテナ線をガイドから外しておきます。

COAラベルの裏にもねじがありますので、忘れずに外しておきます。

本体の隙間を指で広げて、へら等を使って内部の爪を外していきます。

正面部分は小さな溝が幾つかありますので、その溝にマイナスドライバーなどを入れて本体を開けていきます。本体が傷つくのが嫌な場合は、分解用のへらなどを利用してみてください。

シリアルポートの端子が引っかかりますので、へら等を使って浮かせて外します。割れないように注意して作業します。これで本体下半分のケース(LOWERCASE)が分離されます。

下の画像はLOWERCASEを外して基盤が丸見えになっているところです。アンテナ線をガイドから外して、液晶ケーブルとアース線を固定しているねじを外します。

ヒンジを固定しているねじです。まだ緩めません。

逆側のヒンジは固定しているねじが1本だけ見えています。シリアルポートの基盤の裏にもう1本ねじがありますので、まだ緩めてはいけません。先に緩めてしまうとねじ受け部分が破損する場合があります。

トルクスねじ3本を外してシリアルポートの基盤を取り外します。画像の左上部分が引っ掛かり気味ですが、端子周辺を若干たわませて抜き取ります。あとはヒンジを固定しているねじを左右で5本外して、液晶部分を分離します。

これでおおまかな分解は終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする