Lenovo G570のマザーボードの裏側

CMOS電池は裏側に…

前の記事のLenovo G570の分解作業ではマザーボードが外装の下半分(ローワーケース)に付いたままの状態で終わってましたので、続きをちょっとだけ進めてみようと思います。


スポンサーリンク

以下の画像はそれぞれリンク先で大きなサイズで見ることができます。

マザーボードを固定しているネジは白い三角印のついたネジ2本だけです。その他ケーブル類も外しておきます。左側のフィルムケーブルはロックしている爪の部分を上に跳ね上げれば取れるのですが、右の小さな基板に繋がっている2本のフィルムケーブルは抜き挿しするだけの構造です。挿す時にケーブルを傷めるのが嫌なので、繋がっている小さな基板の方を外してます。電源ジャックへのケーブルは、ガイドからだけ外して抜き取りませんでした。

また素手で持ってしまってます。まあ大丈夫でしょう。。

繋がっているケーブルを引っ張らないように裏返します。

裏はこんな感じです。矢印部分はCMOS電池と思われます。簡単に取り出せる構造のノートパソコンがある中、G570のCMOS電池は判りづらい所に隠されてます。

良く見て思い出したのですが、これは以前古いパソコンで度々見かけたタイプです。金属プレートがボタン電池の表面にスポット溶接されていて、基板上で半田付けされています。前に溶接部分を外そうとしてボロボロにしたことがあるので、外すならば半田付けの部分の方が良いかも知れません。

今回はマザーボードの裏をちょっと覗いて終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ovonel より:

    はじめまして G570とCMOSの検索でたどり着きました。当方のG570はCmos電池が弱っているようなので、交換したいのですが 電池の形式番号はわかりますか?

    • rhodiola より:

      コメントありがとうございます。
      CMOS電池の表面に何も刻印が無かったと思うので
      形式番号などは判りません。

      G570のジャンク品を入手して
      マザーボード以外を売却する方法しか思い付かないのですが
      そのマザーのCMOS電池も弱っているかも知れません。
      電圧を測定して、入手した電池の方が高ければ
      それを移植ということで良いかと思います。

  2. ovonel より:

    回答ありがとうございます。ebayにlenovo g570 を含む 他のレノボ用のcmos電池が出品されています。ML1220と説明に記載されていました。この情報が正しければML1220自体は入手はできそうですが、端子の部分が同形状のものが見つからないので、引き続き探してみようと思います。

  3. ovonel より:

    やはり同形状の端子付のものは国内で入手するのが難しそうです。リチウムを含む電池単体は海外を購入するのも輸送の関係で無理みたいです。
    ケーブル付の端子の形状がこちらの記事の写真に近いようなのでケーブルを取り除いて
    流用しようと思案中です。 

    • rhodiola より:

      確かにebayで出品されてましたね。
      スポット溶接でかなり強烈に貼り付いてるかも知れないので
      溶接部分は外さないで基板に半田付けされてる足の辺りを切断して
      ケーブルを半田付けとかでも良いかと思います。
      以前別の機種でスポット溶接を外そうとして
      ボロボロにしたことがあるので。