Lenovo G570の分解作業

こいつのヒンジは弱すぎる…

Lenovo G570です。こいつのヒンジ周りは弱すぎで、普通に分解するとキーボードベゼルを取り外したタイミングで、液晶の重みで本体のヒンジ固定部分が割れることが多いです。なので一部のネジを外す前に途中から横置きにして作業を進めています。にも関わらずです、、すでに一箇所割れていました。本当に弱すぎです。


スポンサーリンク

ボトムケースのネジ受け部分が破損した場合はアマゾンで新品が入手可能です。 gotor® IBM Lenovo G575 G570 Series対応交換用ボトム カバー ケース(HDMIなし)ですが、新品なのでそこそこのお値段のようです。前回のビデオ回しっぱなしと違って、今回はスマホで写真を撮りながら作業を進めて、その度に画像に矢印を加えたり簡単な編集をしました。

作業始めにうっかりバッテリーをつけっぱなしでやってますが、皆さんは必ず外してください。 途中のX印のネジ4本は、本体裏側からヒンジを固定しているネジなので、横にしてから外しています。キーボードベゼルを外す時に、私rhodiolaは習慣的にボールペンのキャップを使ってますが、ネットで購入可能な分解用のプラスチック製のヘラなどを使用した方が良いでしょう。 今回は静止画を連続して繋げた動画にしましたが、ビデオ回しっぱなしに比べて手間が増える感じでした。次回はどういう風にするか思案中です。まだ分解できるノートパソコンが数台あるので、近々公開したいと思います。

分解手順の解説

ここからは静止画と簡単な説明です。各画像はリンク先で拡大表示可能です。

  ネジを緩めて本体裏側のカバーを外します。私は忘れてますが、バッテリーも外しておきましょう。

  無線LANカード、HDD、メモリーを外します。

  ファン周辺の3本のネジを外して、ケーブルを外してからファンを外します。次にヒートシンクの4本のネジを外します。ヒートシンクの左側を少し持ち上げて、引っ掛かっている吸気口部分を斜め上に引き抜きます。

  CPUが現れます。

  マイナスドライバーで矢印の箇所を回してCPUを外します。

  光学ドライブを固定しているネジを外して、光学ドライブを引き抜きます。ネジのあった部分にマイナスドライバーを入れて、金具を軽く押してやると光学ドライブが出てきます。

  キーボードを固定しているネジ3本を外します。ネジの側にキーボードのマークが刻印されてます。

  キーボードを外します。

  私の場合は下の画像の位置に指を突っ込んで外します。

キーボードががっちり嵌まっていて外れない場合は、下の画像の場所を押すとキーボードの左上から外すことができます。

  キーボードを少し弓なりにたわませながら、左右の爪からキーボードを外していきます。キーボードが曲がらないように慎重にします。

  キーボードを持ち上げる時は、液晶のケーブルを引っ張らないように気を付けます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする