Studio 1558 の分解作業

続き

キーボードベゼル(アッパーケース)を外す準備をします。本体裏側のネジを外します。


スポンサーリンク

上側もネジを外します。Aのコネクタは水平に引き抜きます。Bは可動部分を跳ね上げてからケーブルを外します。

バッテリー付近は外れ易いのですが、側面と前面が内部の爪で固く嵌まっています。

オープニングツールを利用して内部の爪を外しました。ピックのような形のものが丁度良い感じでした。

側面から全面そして側面へと、外周をぐるりと外していきます。

側面と前面が外れたら簡単に持ち上げることが出来ました。

光学ドライブを外します。矢印のネジを外します。

スロットイン式なのでこのまま水平には抜けません。頭を少しだけ持ち上げてから斜め上方向に抜き取ります。

システムボードを外す準備をします。矢印のネジとコネクタを外します。X印の場所はDCジャックを固定しているネジがあります。基板上の電源ケーブルのコネクタは固いので、DCジャックの方を外しています。C印のコネクタは隣にぶつかってしまいこのままでは抜けないので、取り敢えず緩める程度にしておきます。

他のケーブルやネジを外した後に、基板を少し持ち上げてから抜き取りました。

システムボードを右側から持ち上げます。ケーブルや保護フィルムの引っ掛かりに気を付けます。

比較的簡単に外すことが出来ました。

A印のファンケーブルのコネクタを外して、ヒートシンクの固定ネジを緩めます。

ヒートシンクが外れました。

矢印のネジを左回りに180°回せば、ロックが解除されてCPUが外せます。

CPUは真上に持ち上げて外します。

今回の分解はこれで終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする