VersaPro VK26M/X-F の分解作業


スポンサーリンク

続き

本体裏側のキーボードを固定しているネジ3本を外します。

キーボードの左側は簡単に浮かせることが出来ます。

キーボード右側のNum lock キーの上の溝の中に、キーボードを押さえている出っ張りがあります。上方から下に向かって出ているので、金属の薄いへらなどを使って上に押し込みます。少しだけ力を込めないと押し込めません。

ツールが役立ちました。

キーボードが外れました。

キーボードのフィルムケーブルを外します。両端に引き出せる小さな場所があるので、慎重に少しずつ引き出します。この黒い部分を勢いよく跳ね上げると外れてしまうことがあるので、優しく作業します。

ケーブルが外れました。

キーボードの外れた状態です。

ヒンジカバーを外します。バッテリー装着口の中にあるネジ2本を外します。

背面から見るとヒンジカバーに溝が見えます。この溝を使って内部の爪を外しておきます。

溝にマイナスドライバーを入れて、てこの様に動かしてカバーを外側に少し引っ張ります。

内部の爪が外れると、見た感じが下の画像のようになります。左右両方とも外しておきます。

今度は表側からヒンジカバーにマイナスドライバーを挿し込んで、てこの様に動かしてヒンジカバーを上に引き上げます。これで左右のヒンジ付近は外れて浮いた状態になります。中央付近の爪が固くはまっていますが、慎重に引っ張って外しました。

ヒンジカバーが外れました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする