ThinkPad L512 の分解作業

 引っ掛かったり、貼り付いていたり…

今回はThinkpad L512の分解です。これだけLenovoのノートパソコンを分解し続けていると、だいたい似たように感じてくるのですが、このモデルは引っ掛かったり貼り付いていたりする箇所があるので、その部分だけでも前知識として知っておくと分解が楽だと思います。システムボードの外し方は私なりの手順で、それが正しいのかどうかは判りません。


スポンサーリンク

分解手順のスライドショー動画

分解手順の解説

ここから手順説明をしていきます。各画像はリンク先で拡大表示が可能です。

スイッチをスライドさせてバッテリーを外します。

ダミーカードを抜いておきます。一回中に押し込んでやると、カチッと音がして飛び出してきます。

光学ドライブを固定しているネジを外します。

ネジを外したら金具(ステー)にドライバーの先を引っ掛けて、光学ドライブを押し出します。

裏カバーを固定しているネジを緩めて、カバーを外します。

メモリーを外しておきます。メモリー両端の金属アームを外側に広げると、メモリーが跳ね上がってきます。

斜め上に抜き取ります。

ハードディスクを外します。黒いビニールの持ち手を持って、引っ張ってスライドさせます。

コネクタ側を上に持ち上げて、斜め上方向に外します。

ヒートシンクとファンを外します。ネジを外して、ファンケーブルのコネクタ(Aの場所)も外しておきます。

このタイプのコネクタが時々妙に固い時があります。

ヒートシンクを外します。CPU側を少し持ち上げて抜き取るのですが、ボトムケースの縁が引っ掛かって外し辛いです。ボトムケースに親指を掛けて、外側に力を加えて少したわませてから外しました。出っ張った所に指を掛けるとやり易かったです。

矢印のネジを左回りに180°回すとロックが緩んでCPUが外せます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする