ヤフオク出品作業を一括出品で効率化

結局エクセルの入力が必要だから手間は一緒??

私は最初こう思っていたのですが、試しにエクセルで入力してみて全く間違いであったことに気付きました。出品数が少ない場合は、個別に出品しても頑張れば作業時間に余り違いはありません。ただし一括出品だと作業が楽と言うのが非常に大きな違いになります。


スポンサーリンク

以前の方法でも「ヤフオク出品ぽちぽち3」 というのを利用していたので、出品画面での入力は最小限で済んでいたはずなのですが、それでも飛び飛びの入力箇所を探しながら、間違えないように確認しながら入力するのは若干神経を使います。画面をスクロールさせたり写真のアップロードや確認画面などの切り替わりも、1テンポ待たされる感じになります。

こういったストレスが無くなって、エクセルの機能を使って効率的にシートに入力するのはとても楽です。楽に作業が出来れば長時間作業を続けられるので、結果的に作業がはかどることにもなります。以下はやり方の一例になります。ややざっくりとした説明ですが、元々エクセルは余り詳しく無いので、参考程度に見て頂ければと思います。

使用したのは AucTown ヤフオク!一括出品ツール

エクセルに必要な情報を入力してカンマ区切りのCSVファイルを作成して、そのファイルをアップロードして一括出品をするのですが、その時に利用するサイト(ツール)にはAucTownを選びました。(無料でCSVファイルを使えるところだと AucTown しかありません。)

AucTownにログイン後、一括出品登録をクリックします。

そこでCSVファイルと画像ファイルを一緒に圧縮したzipファイルをアップロードするのですが、使い方を説明したPDFファイルへのリンクもそのページに表示されています。

エクセルでCSVファイルを作成

AucTownの出品予定商品リストからデータをCSV形式でダウンロードすることで、作成のひな形になるCSVファイルを手に入れることが出来ます。そのためには一度手入力で出品予定リストを作成しておく必要があります。

ダウンロードしたCSVファイルをエクセルで開きます。

あとはこれを自分が入力しやすい形式に変えていくのですが、毎回同じ値になる項目は前もって入力しておいて、データ→グループ化で折りたたんでしまいます。視界から消して、不要なスクロールを少なくします。

そして最終的にできたのがこれです。(クリックで拡大可)

取り敢えず15行目まで予め入力してあります。薄いオレンジ部分が入力する場所で、背景が白い所はたまに変更する場所です。滅多に変更しない列はグループ化で折りたたんで見えなくしてあります。列番号の上の+マークをクリックすると、折りたたんでいた列が展開されて表示されます。送料や配送方法など値が数パターンしかない所は、「データの入力規制」でリストから選択して入力できるようにしてあります。

これで入力項目が1画面で全て見渡せるようになりました。CSVファイル作成用のひな形の完成です。出品データの入力後は不要な行を削除して、「名前を付けて保存」でCSV形式で別名で保存します。

カテゴリの入力

最初の列のカテゴリは、ヤフオクのカテゴリIDになります。出品する予定のカテゴリIDを、ヤフオクのカテゴリID検索で調べておきます。私はメモ帳に記入して一覧を保存してあります。私の場合は同じカテゴリに連続して出品するケースが多いので、この部分の入力はとても楽です。エクセルの代名詞とも言えるフィルハンドル(十字印)のドラッグですぐ終わります。

Kompozer は商品説明の作成に

説明の入力が最も長文で手間になります。私は説明欄に入力するHTMLタグを作成するのに、Kompozer とうソフトを利用しています。このソフトを使えばHTMLタグとプレビュー表示を簡単に切り替えられます。

私は出品する商品の種類別にひな形のファイルを10個ほど保存してあります。出品商品に該当する種類のファイルを読み込んで、プレビュータブで必要な情報を書き込み、ソースタブでHTMLタグをコピーしてエクセルの説明欄に貼り付けると言った手順です。プレビュー表示でもメモ帳のように普通に編集できるのがとても便利です。

私は古いバージョンのKompozerを利用したため、変な所にスペースが入ったりしていました。2017-03-07現在ではkompozer-0.8b3 が最新のようですが、2011年から更新がされて無いようです。

PathCopyCopyで画像のファイル名を素早くコピー

掲載する画像のファイル名を「画像1」「画像2」「画像3」の列に入力しなければなりません。そんな時便利なのが PathCopyCopy というソフトです。画像のファイル名を素早くコピーすることができます。右クリックで出てくるコンテキストメニューに、下の様に「Copy Long Name」の項目を加えることが出来ます。

エクセルの入力終了後

下に残った余分な行を削除して(一番上の項目名の行は残しておきます)CSV形式で保存します。ファイル名は半角英数字のみにします。このCSVファイルと掲載する画像ファイル全てを一つのzipファイルとして圧縮しておきます。

AucTownにログインして、一括出品登録をクリックします。

開いたページで圧縮したzipファイルをアップロードします。CSVファイルの内容に間違いがあると、ここでエラーが表示されます。あとはAucTownの機能で一括出品すれば完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする