Lenovo G570 液晶パネルの取り外し

結構難しい…

ボトムケースのネジ受けは脆いのですが、液晶ベゼルは内部の爪でガチガチにはまっています。やり方が違うのかと迷うほどの固さで難易度は高いと思います。私は普段、液晶パネルの取り外しはあまりやらないのでもう少し慣れが必要なのかも知れませんが、以前別のモデルを分解した時はもっと簡単に外すことが出来ました。


スポンサーリンク

スライドショーの動画

これもスライドショーの動画にしてYouTubeにアップしておきました。スライドショーでなくて普通に撮影した方が良い気もするのですが、撮影しながらの作業は私はちょっと苦手です。

分解手順の解説

ここからは手順の簡単な説明になります。各画像はリンク先で拡大表示が可能です。液晶に丸い物が映ってますが、天井の蛍光灯なので無視して下さい。

左右のヒンジの近くにネジを隠しているゴムがあるので外しておきます。

私はニードルで刺して外しましたが、傷付けるのが嫌ならば自分の爪でも外せると思います。

ゴムの下からネジが現れるので外します。

左右とも外しておきます。

ネジが外れました。

ここから大変な作業に入ります。液晶ベゼルの外し方ですが、保守マニュアルでは下記のような図解があるだけです。液晶ベゼルを外す時はベゼルと液晶パネルの間に(矢印の始まっている場所)指先を突っ込んで、めくり上げるようにひねり上げると内部の爪が外れるパターンが多いのですが、今回のLenovo G570の場合は特に固かったです。

合ってない方向に無理にめくり上げると内部が破損するので、ある程度力を込めたら一旦止めて力を抜いてを繰り返して作業を進めました。思い切りが足りないと外れないし、無理にやると破損しそうだし、力の加減と方向が結構難しかったです。

外れた場所から横に横にと攻めて行きました。

下辺もかなり固いです。

そしてこのディスプレイは上辺が一番固かったです。

取り敢えず下辺と側面が外れました。上辺とその角がまだ嵌まってます。

角も厄介でした。内側からめくり上げたり、ベゼルの上辺側を持ち上げたりして、何とか外れました。

右側のヒンジ近くが外れました。

今度は左側のヒンジ近くの角です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする