trad 43pcs精密ビットセット LT-43を購入

 精密ドライバーセットで手頃で良質な物を探す…

今持っているドライバーでまともなのはPBのプラスドライバーだけで、トルクスドライバーなどは非常に使い辛いです。そこで精密ドライバーのセットを購入することにしたのですが、どれにするか結構悩んでしまいました。


スポンサーリンク

ビットがたくさん付属している安い物は一見魅力的なのですが、どうも直ぐ欠けると言う口コミが目立ちます。小さな精密ドライバーだけあって強度が大きな問題になるのでしょう。ノートパソコンの分解ではそんなに力を込めるケースは少ないとは思いますが、トルクスドライバーの小さいサイズとかでは、扱い方によっては欠けることがあるかも知れません。またHDDとマウンターを固定している側面のネジは、異様に固くなっている場合がごく稀にあります。

やはり強度は強い方が良さそうです。そこで選んだのが trad 43pcs精密ビットセット LT-43 です。これも安価なドライバーセットの類なのですが、ビットの素材にS2バネ鋼材を使っていると記述があるので他の安い物よりは良いのでしょう。口コミを見る限り簡単に欠けたという報告も無いみたいです。

アルミケースに入っていて小さな弁当箱みたいです。大きさはこんな感じです。

ビットの種類が印刷されたシールが付属しています。私は裏ぶたに貼り付けておきました。ケースの蓋はしっかりと閉まります。蓋を閉めた状態で振り回しても、中でビットが暴れることはありません。

ビットの見た目ですが、PBなどの高級なドライバーみたいに黒っぽい感じではありません。

このシールがとても便利です。この配置通りにいつも置くようにすれば、目当てのビットが何処にあるか直ぐに判ります。

グリップ部分は高級感があるとは言えませんが、見た目よりしっかりした感じです。

ビットをグリップに装着する時に少し緩めに感じますが、磁力でくっつく構造なので通常の使用で落ちてくることは無いと思います。若干のカタツキがありますが実害は無さそうです。ビットとグリップは磁力で付きますが、ネジはビットにくっつきません。ビットをマグネタイザー などで磁化すればくっつくようになります。

コンパクトにまとめられているためグリップが小さく、固いネジの場合に力が入るかが懸念さされるのですが、小さなネジを外すためだけの精密ドライバーとして使うならば問題無いと思います。もっと良い物が欲しければWeraやPBで揃えれば良いのですが、たくさん揃えようとすると費用はかなり掛かります。

このドライバーセットの他に迷ったのがありましたので紹介しておきます。

Nanch 精密ドライバーセット

Nanch 精密ドライバーセット です。今回購入した trad LT-43に比べると価格が少しだけ高いです。ビットの素材はS2合金(HRC58-60)を採用となってますが、trad LT-43のS2バネ鋼材と同じ物なのか判断付きません。長いビットと延長ロッドが特徴的です。延長ロッドによる回転軸のずれを指摘している口コミがありました。

GREATTOOL 精密ビットセット GTS‐38M

GREATTOOL 精密ビットセット GTS‐38M です。アルミケースやビット一覧の表記方法など、trad LT-43と何となく似た感じの製品です。ビットの材質は特殊バネ鋼(S2)と記されているので、これも trad LT-43と同じ可能性が高いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする