認知症で口が開かない 2016-08-08

スポンサーリンク

ここ数日は順調…

入れ歯を外す前によく理解して貰おうと母に一生懸命説明していたのですが、ここ最近はそれを止めています。どんなに判りやすく説明しているつもりでも、本人にとってはよく判らない説明をいつもと違う感じで話しているように見えて、それが不安や緊張を生むのかも知れません。

ごく当たり前のことを話すかのように「ちょっと口を開けて」と普通にいきなり話しかけると、不意を突かれたかのように簡単に口を開けるケースが多いようです。不安、緊張、眠気が無ければこれでかなり成功するのですが、これらが少しでも出ている時は一旦中止して時間を置いた方が良いと思います。

前に1回に10分まで試して駄目だったら時間を置くと書きましたが、最近は1回30秒以下でいいかなと思っています。開くときは5秒以内に開くことが多いので、それで開かない時は良くない感情があるか眠気があるか、もしくは別のことに興味が行っている場合だと思います。もし興味が別に行っていることで口が開いていないのであれば、上手に言い直すことで口をあけて貰えると思います。

短い時間で何回もトライする方法で、今のところ良い結果が出ています。不安、緊張、眠気が最大の障害で、興味が別に向いているのは修正可能と言ったところです。ただ一筋縄ではいかない母のことなので、何日か続けて慣れてきたらまた通用しなくなるのが、いつものパターンです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする