初めて網戸を張り替える

スポンサーリンク

思いのほか苦労しました…

母が静かにしていて見守り無しでも大丈夫そうなので、用意してあった網戸の張り替え道具を出して、1時間ほどでちゃちゃっと張り替えることにしました。揃えたものは、網とゴムとローラーです。実際に購入した物は以下になります。

アマゾンで揃えて材料費は2千円ちょっとでした。

ではさっそく網戸の取り外しなのですが、いきなりつまずきました。始めに外すべき場所は、網戸上部のガイドを固定しているネジと判ったのですが

固くて回りません。20年近くほったらかしだった網戸なので、ネジが固着してしまったのかも知れません。潤滑スプレーを噴きかけてもダメでした。網戸がたわむので余り強くドライバーを押し付けられません。ネットの情報を参考にやってみた方法はこれです。

ドライバーとレンチを組み合わせてこんな感じに。ボルスターの無いドライバーをスピードレンチで無理やり挟んだ感じです。その結果何とかネジを外すことに成功しました。

汚れが多くてゴミも出そうなので、廊下で作業させてもらいました。

網戸張り替えを解説しているサイトを見ると、押さえのゴムを簡単に引っ張って外していますが、この網戸は20年近く放置していたためゴムがボロボロになっています。なのでニードルでほじくりながら少しづつ外したのですがかなりの手間でした。

網の部分を引っ張ってもすぐにちぎれてしまいます。(網とゴムを一緒に引っ張って連続して外せるところが少しはありました。)

古いゴムが全て外れました。

そして綺麗にお掃除。

やっと網の張り付けです。今回使ったゴムは太さが変えられるゴムです。網戸に付いていたゴムは劣化しているし、溝の寸法を測ってそれで良いのか確信が無かったのでこれを選びました。

これをローラーで押し込んで網を固定するのですが、始め無茶苦茶きつくてゴムの裂き方を間違えたのに気付きました。パッケージの図を見ると決まった場所で裂けるはずなのですが、私は違う場所で裂いてしまったようです。

半分終わりました。ゴムがあまり綺麗にはまっていません。まだゴムが太かったみたいです。

全てゴムがはまりました。少し太めのゴムを無理やりはめたせいで、そこそこの重労働になってしまいました。

ゴムに沿ってはみ出た網をカッターで切り取りました。

良く見るとやはりあまり綺麗に出来ていません。

少し離れてみればそれなりに綺麗に見えます。反省点は

  1. ゴムの裂き方が適当で太すぎた。(ちゃんと試してから太さを決めるべき)
  2. ゴムをはめて網を固定する時の最初の1辺は、ただ真っ直ぐに集中すべきだった。(何故か網を引っ張ってしまった)
  3. ボルスター付きのドライバーがあると便利。

こんな感じです。結局3時間以上かかってしまいました。もう1回やればもっと上手に出来そうな気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする