HP ProBook 6570bの分解作業

HPのパソコンには星形のトルクスねじが使われている…

トルクスねじを上から見ると六角形の星形の様な形をしていて、普通のドライバーでは回せません。ネットで簡単にヘックスローブドライバー(トルクスドライバー)を入手可能で、このモデルで必要なドライバーのサイズはT8番になります。ProBook 6570bの分解はちょとしたトラップが幾つかありますので要注意です。


スポンサーリンク

下はYoutubeにアップした分解スライドショーになります。

私はこのモデルの分解が初めてだったため少し苦戦しましたが、ポイントが判っていればあまり苦労せずに分解出来ると思います。

分解手順の解説

以下の画像はリンク先で大きなサイズで見ることが出来ます。

左右のスイッチをスライドさせると、それぞれバッテリーと裏カバーが外れます。

メモリーとHDDを外します。

ねじは緩むだけで完全には外れない仕組みです。HDDを外すには黒いテープをつまんでスライドさせるのですが、ねじの先端がぶつかってスライドし辛いです。ヘラなどでねじの頭を軽く持ち上げましょう。

光学ドライブの固定ねじを外します。

お尻の金具をマイナスドライバー等で押して、光学ドライブを飛び出させます。

ファンを固定しているねじ、ヒートシンクのねじ、ファンの電源ケーブル等を外します。

ヒートシンクを少し持ち上げて、斜め上に引き抜きます。

CPUソケットのネジを180度回してCPUを外します。

内部電池のケーブルも外しておきます。

本体裏側からキーボードを固定しているねじを外します。

バッテリーのコネクター近くの隙間からキーボードを少しだけ押して、キーボードをちょっと浮かせます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする