介護タクシーの料金の違い

母の神経痛が酷くなったのは昨年の秋でしたが、自宅からタクシーに乗るまでの歩行ですら不安があるほど酷くなってしまいました。止む無く車椅子を使って通院することにしたのですが、そうなると普通のタクシーでは無理になってしまいます。

スポンサーリンク

車椅子でも安く通院…

そこで介護タクシーについてネットで調べてみたのですが、意外に安くて普通のタクシーとあまり変わらないように思えました。早速連絡をして見積もりを出してもらいました。すると結局、事業者によって見積額に倍近くの違いがあることが判りました。

私rhodiolaの場合は片道5kmちょっとの距離の通院での見積もりですが、何故かなりの金額の差が出たのか? 初乗運賃と走行距離による加算運賃の差もありましたが、送迎料金と基礎介助料がかかるかが大きかったです。この2つを請求しない介護タクシー事業者の場合は、タクシーとあまり変わらない料金で利用可能になるようです。

ただし安いということは当然予約が殺到するのでかなり早めに予約を取っておく必要になります。私rhodiolaの場合は2ヶ月先の予約が取れませんでした。

後から知ったのですが、自前の車椅子を持っていて介添人も居るのならば、通常のタクシーで通院することも可能なようです。車椅子は折りたたんで車のトランクに入れることが出来ます。(車椅子は市などで短期間の無料貸出をしている場合があります。)調べたところによると車のトランクの状態によっては入らない場合があるようなので、タクシー会社に配車を頼む時に車椅子をトランクに入れる旨を話しておいた方が良いでしょう。

コミュニティサイトの情報によるとクラウンコンフォートという車種があるようで、これだと後部座席が回転して足が不自由でも楽に乗り込むことが出来るみたいです。トランクの大きさも問題なしとのこと。因みに私rhodiolaの地域のタクシー会社はこの車種を保有していました。

2016-07-31 追記

介護関係のサービス(介護保険適用外)を利用し続けて思ったことは、サイトの案内を見て自分で計算した料金、電話で問い合わせた見積もり料金、そして実際に請求される金額に違いが発生することが多いということです。電話での見積もり金額と実際に請求される金額でも多少違いがあって費用が少し高くなることが多いのですが、、まあこういうものなのでしょう。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする